薄花桜(読み)うすはなざくら

精選版 日本国語大辞典「薄花桜」の解説

うす‐はなざくら【薄花桜】

〘名〙
① うす紅の桜。うすざくら。
※嘉保元年前関白師実歌合(1094)「くれなゐのうすはなざくら匂はずはみな白雲と見てや過ぎまし〈康資王母〉」
② 薄い桜色。薄紅色。
※謡曲・鞍馬天狗(1480頃)「肌には薄花桜の単に」
③ 襲(かさね)の色目の名。表は白く、裏は紅。春に用いる。うすざくら。〔藻塩草(1513頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android