襲の色目(読み)カサネノイロメ

デジタル大辞泉の解説

かさね‐の‐いろめ【襲の色目】

平安時代以降、公家社会に行われた衣服の表地と裏地、また衣服を重ねて着たときの色の取り合わせの種目。男子では直衣(のうし)狩衣(かりぎぬ)下襲(したがさね)などの、女子では唐衣(からぎぬ)袿(うちき)細長などの表地と裏地や、五つ衣(ぎぬ)単(ひとえ)などの重なりの色の配合。男女とも季節や年齢などで着用する色が定まっていた。また、所持する懐紙の重なりの配合にもいう。
[補説]江戸後期以降に使われはじめた語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かさね【襲】 の 色目(いろめ)

位色(いしょく)に関係のない、公家男女の下着や私服の地質に、季節による配色を考慮して生じた表地と裏地の襲の色と、衣服数枚を重ねた場合の袖、襟、裾口などに見られる色合。きれ地がかたくなってから形式化し、「おめり」と呼んで、裏地を表地にのぞかせるのが普通となった。一定の季節に使用し、同色でも季節によって名称を相違し、同名でも襲の衣服の種類によって配色を相違し、使用者の家の流儀によっても相違する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android