コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襲の色目 カサネノイロメ

デジタル大辞泉の解説

かさね‐の‐いろめ【襲の色目】

平安時代以降、公家社会に行われた衣服表地裏地、また衣服を重ねて着たときの色の取り合わせの種目。男子では直衣(のうし)狩衣(かりぎぬ)下襲(したがさね)などの、女子では唐衣(からぎぬ)袿(うちき)細長などの表地と裏地や、五つ衣(ぎぬ)単(ひとえ)などの重なりの色の配合。男女とも季節や年齢などで着用する色が定まっていた。また、所持する懐紙の重なりの配合にもいう。
[補説]江戸後期以降に使われはじめた語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさねのいろめ【襲の色目】

の色の組み合わせ。それぞれの組み合わせに、山吹・葵・枯野などの名があり、季節・年齢などで使い分けた。 〔細部は各家、伝書などにより必ずしも一定ではない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

襲の色目の関連キーワード白重ね・白襲組み合わせ桜襲・桜重重ねの色目卯の花襲重ね・襲五つ衣玉虫色牡丹色菖蒲襲紅葉襲蘇芳襲直衣唐衣狩衣下襲伝書葵襲松襲桜襲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android