コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襲の色目 カサネノイロメ

デジタル大辞泉の解説

かさね‐の‐いろめ【襲の色目】

平安時代以降、公家社会に行われた衣服表地裏地、また衣服を重ねて着たときの色の取り合わせの種目。男子では直衣(のうし)狩衣(かりぎぬ)下襲(したがさね)などの、女子では唐衣(からぎぬ)袿(うちき)細長などの表地と裏地や、五つ衣(ぎぬ)単(ひとえ)などの重なりの色の配合。男女とも季節や年齢などで着用する色が定まっていた。また、所持する懐紙の重なりの配合にもいう。
[補説]江戸後期以降に使われはじめた語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさねのいろめ【襲の色目】

の色の組み合わせ。それぞれの組み合わせに、山吹・葵・枯野などの名があり、季節・年齢などで使い分けた。 〔細部は各家、伝書などにより必ずしも一定ではない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android