コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄雲(2) うすぐも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薄雲(2) うすぐも

?-? 江戸時代前期の遊女。
江戸新吉原の三浦屋四郎左衛門の抱(かか)え。大の猫好きで,道中には猫を禿(かむろ)にだかせてあるいた。大蛇にねらわれていたのを愛猫が身代わりとなってたすけたというエピソードがある。元禄(げんろく)13年(1700)350両で身請けされた。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

薄雲(2)の関連キーワード掛かる・懸かる・掛る・懸る継ぎ継ぎ・次ぎ次ぎ一刻み・一階迚も斯くても振り延ふ天つ空現し様一際無下遊女出居公様さね

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android