コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬智 やくち

2件 の用語解説(薬智の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薬智 やくち

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。皇慶(こうげい)に師事し,8歳で比叡(ひえい)山の内論義(うちろんぎ)講師(こうじ)をつとめる。後三条天皇(在位1068-72)が皇太子のとき,天台座主勝範(しょうはん)の推薦で,仏教および儒学をおしえた。若死にしたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

薬智

生年:生没年不詳
平安後期の天台僧。「薬知」とも。皇慶に師事した。幼くして優れた才能を発揮,8歳で内論議に臨み,一座の賞賛を受けた。勝範の推薦により東宮尊仁親王(後三条天皇)に召され,止観,密教,儒教などを教えた。期待されていたが,若くして死去。

(三橋正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬智の関連キーワード孝暢安慶明快永覚覚実(1)義清興義尋空長算

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone