コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇慶 こうげい

3件 の用語解説(皇慶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇慶 こうげい

977-1049 平安時代中期の僧。
貞元(じょうげん)2年生まれ。橘広相(たちばなの-ひろみ)の曾孫。性空の甥(おい)。天台宗。比叡(ひえい)山で静真(じょうしん)に師事し,九州で景雲に真言密教をまなぶ。のち丹波池上(京都府)大日寺,ついで比叡山東塔井ノ房にすみ,天台密教の一派,谷流をひらいた。門弟に長宴,院尊,安慶ら。永承4年7月26日死去。73歳。通称は谷阿闍梨(あじゃり),池上阿闍梨。諡号(しごう)は慈応。著作に「灌頂(かんじょう)随要記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

皇慶

没年:永承4.7.26(1049.8.27)
生年:貞元2(977)
平安中期の天台宗の僧。贈中納言橘広相 の孫,書写山性空 の甥。7歳で比叡山に登り静真のもとで密教三大部,梵字悉曇などを究めた。各地に遊行し,一時は入宋の志を抱いたこともあった。九州では東寺系の景雲から東密の秘法を受け,空海の宝瓶を授けられた。丹波国桑田郡(京都府)に庵を結んでいた万寿年間(1024~28)のころ,国守源章任 の要請で天皇のための十臂毘沙門法を修し,阿闍梨となる。比叡山に戻り,東塔南谷井ノ房に住む。優れた密教僧を多く輩出し,谷流と呼ばれる法流を形成するに至る。<参考文献>大江匡房『谷阿闍梨伝』(『続群書類従』8巻下所収),『元亨釈書』5巻

(三橋正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇慶
こうけい
(977―1049)

平安末期の天台宗の僧。俗姓は橘(たちばな)氏。谷阿闍梨(たにあじゃり)とも称する。叡山(えいざん)で静真(じょうしん)に就き、鎮西(ちんぜい)(九州)へ赴いて景雲(けいうん)に就いて密教を学ぶ。寂昭(じゃくしょう)(寂照)とともに入宋(にっそう)せんとしたが、八幡大神(はちまんおおかみ)の使いである鳩(はと)数千羽に止められて断念、脊振(せふり)山で延殷(えんいん)とともに修行した。のち丹波(たんば)(京都府)池上に庵居(あんきょ)し、法興院十禅師(ほうこういんじゅうぜんじ)に任ぜられた。付法(法を伝えた弟子)30余人といわれ、なかでも長宴(ちょうえん)、院尊(いんそん)、安慶(あんけい)がもっとも傑出し、その法流を「谷流(たにのりゅう)」と称する。檀那院覚運(だんないんかくうん)も年長ながら参じた。永承(えいしょう)4年7月26日、叡山東塔に寂した。『灌頂随要記(かんじょうずいようき)』2巻、『胎蔵道場観私記(たいぞうどうじょうかんしき)』『護摩私記(ごましき)』などの著がある。[中尾良信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇慶の関連キーワード恵心僧都尊意僧正百如慈芳普門円通公辨法親王孝暢元三大師道邃一乗要決行真

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone