コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬蓮 やくれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薬蓮 やくれん

?-? 平安時代中期の僧。
日本往生極楽記」によれば信濃(しなの)(長野県)如法寺にすみ,いつも阿弥陀(あみだ)経を読誦(どくじゅ)していた。ある日ふたりの子供に明日の暁に極楽へいくといって仏堂にはいり,翌日の午(うま)の刻(正午)には身体も経典も堂内から消えうせていたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

薬蓮の関連キーワード練・鍊・廉・恋・憐・戀・攣・斂・煉・練・聯・蓮・連・錬

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android