藍碧(読み)らんぺき

精選版 日本国語大辞典「藍碧」の解説

らん‐ぺき【藍碧】

〘名〙 (あい)のようなみどり色。
※龍潭譚(1896)〈泉鏡花〉千呪陀羅尼「白き鳥の翼広きがゆたかに藍碧なる水面を横ぎりてへり」 〔王周‐巴江詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android