コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイ

デジタル大辞泉の解説

あい〔あゐ〕【藍】

タデ科の一年草。高さ50~80センチ。茎は紅紫色で、葉は長楕円形。秋、穂状に赤い小花をつける。葉・茎から藍染めの染料をとり、京都・大坂・阿波が産地として知られた。果実は漢方で解熱・解毒に使う。古く中国から渡来したとされる。たであい。あいたで。 花=秋》「この村に減りし土蔵や―の花/秋郷」
濃青色の天然染料の一。1木藍(きあい)などの葉や幹から得られる。インジゴ
藍色(あいいろ)。

らん【藍】[漢字項目]

常用漢字] [音]ラン(呉)(漢) [訓]あい
タデ科の草の名。アイ。「出藍
あい色。「藍碧(らんぺき)藍綬褒章(らんじゅほうしょう)
梵語の音訳字。「伽藍(がらん)
[難読]洎夫藍(サフラン)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あい【藍】

タデ科の一年草。インドシナ原産。古く、中国を経て日本に渡来。高さ6、70センチメートルになり、秋に薄紅色の小花をつけ、黒褐色の痩果そうかを結ぶ。藍染めの染料をとるため、古くから各地で栽培されていた。タデアイ。
の葉からとる染料。主成分はインジゴ。現在では工業的に合成され、天然のものは少ない。 → 藍染め
藍色あいいろ 」に同じ。
藍蠟あいろう 」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あい

青色系統の染色にもっぱら用いられる染料の名。植物性のこの色素の主成分は藍青(らんせい)とインジゴindigoである。インジゴを含む植物は、主として温熱帯地方に産し、世界の各地に少なくとも50種以上はあるといわれ、なかでもインドアイは、もっとも広く分布している。このほかに古くヨーロッパで用いられていたタイセイや、わが国で一般に使用されてきたタデアイ、奄美(あまみ)大島や沖縄のリュウキュウアイなどが知られている。なお青色を出す染料としては、アイのほかに、インジゴを含有しない、かなり多くの植物のあることが知られている。南アメリカの先住民の間で用いられた熱帯アメリカ産のアカネの果実などがそれで、日本ではクサギの実からも薄青い染料が得られるし、古くから摺衣(すりごろも)に用いられたというヤマアイにもインジゴは含まれていない。こうした植物は一括して、偽藍(ぎあい)pseudo indigoともよばれている。
 わが国のタデアイは、古くから各地で地アイとして栽培されてきたが、江戸時代に徳島藩がこれを奨励して、阿波(あわ)藍として良質のものがつくり出され、全国に売りさばかれた。栽培は、2~3月に播種(はしゅ)、4~5月に苗を畑に移植する。6~8月ごろ刈り取り、刻んで、乾燥したアイの葉を9月中旬ごろ小屋に積んで寝かせ、水を打って発酵させる。約3か月たって、12月ごろにできあがるのが(すくも)で、これを搗(つ)き固めて藍玉とし、またはから水分を除いたものが藍として染料に用いられる。藍玉は2~10%のインジゴを含み、溶かして発酵させると、水に溶けないインジゴが水溶性のインドキシルとなり、染色に使用する「藍液」ができる。
 沖縄で行われている方法は、刈り取ったリュウキュウアイを枝ごと大きなタンクに入れ、水を加えて放置する。発酵したら枝や葉を取り出してその液を別のタンクに移し入れ、石灰を加えて攪拌(かくはん)する。沈殿するとその上澄みを捨て、底に残ったペースト状の藍を染料として出荷する。この方法は今日インドでも行われており、これを泥藍(どろあい)と称する。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藍 (アイ)

学名:Polygonum tinctorium
植物。タデ科一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

藍の関連キーワード氷は水より出でて水よりも寒し青は藍より出でて藍より青し銅藍(データノート)徳島県板野郡藍住町ブルーマラカイトシアノバクテリアフィコシアニンカイヤナイトアズライト出藍の誉れ藍蝋・藍蠟藍閃石片岩コベリン鍋島染付サフラン地入れ藍出藍の誉紺屋灰毘藍婆藍藻類

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藍の関連情報