コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井希璞 ふじい きぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井希璞 ふじい-きぼく

1824-1893 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家。
文政7年7月生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)日吉神社社司生源寺希烈の9男。有栖川宮熾仁(ありすがわのみや-たるひと)親王の家士。岡山藩の藤本鉄石らとまじわり,勤王のため活躍。維新後は有栖川宮家家令,宮内省御用掛などをへて元老院議官となる。明治26年6月27日死去。70歳。別名に神崎少進

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤井希璞の関連キーワード明治時代運動家尊攘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android