藤原てい(読み)ふじわら てい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原てい ふじわら-てい

1918- 昭和後期-平成時代の小説家。
大正7年11月6日生まれ。新田次郎の妻。昭和18年夫の転勤で満州(中国東北部)にわたる。終戦時にひとりで3児をつれてひきあげ,24年その体験を「流れる星は生きている」にかき,ベストセラーとなる。ほかに自伝小説「旅路」,エッセイ「生きる」など。夫の死後の56年,新田次郎文学賞を創設。長野県出身。諏訪高女(現諏訪二葉高)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android