旅路

デジタル大辞泉プラス「旅路」の解説

旅路

NHKのドラマシリーズ「朝の連続テレビ小説」の作品のひとつ。1967年4月~1968年3月放映。脚本平岩弓枝。音楽:依田光正。出演:横内正、日色ともゑ、宇野重吉ほか。鉄道員の雄一郎とその妻・有里の、平凡ながら幸せな人生を描く。主要舞台となる三重県尾鷲市のほか、北海道、東京、大阪など全国の町が登場した。連続テレビ小説では最後のモノクロ作品となっている。最高視聴率56.9%。

旅路

1958年製作のアメリカ映画。原題《Separate Tables》。監督:デルバート・マン、出演:バート・ランカスター、デビッド・ニーブン、リタヘイワース、ウェンディ・ヒラー、デボラ・カーほか。第31回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演男優賞(デビッド・ニーブン)、助演女優賞(ウェンディ・ヒラー)受賞。

旅路

北海道で生産されるブドウ。赤色系で、糖度が高く、香りがよい。小樽市の塩谷地区の農園で偶然発見された品種。「紅塩谷」とも。生食のほか、ワイン原料ともなる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「旅路」の解説

たび‐じ ‥ぢ【旅路】

〘名〙 旅の行程。行路。旅さき。
※月詣(1182‐83)三「故郷に思ふ人なきたびぢにも草の枕は露けからずや〈藤原兼実〉」
※唱歌・鉄道唱歌(1900)〈大和田建樹〉東海道「月を旅路(タビヂ)の友として」

たび‐みち【旅路】

〘名〙 旅行する道。たびじ。
和泉式部集(11C中)上「あはれなることをいふには宮古出てゆくたひみちの遠きなりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「旅路」の解説

たび‐じ〔‐ぢ〕【旅路】

旅をして行く道筋。また、旅の途中。道中。「旅路に就く」「死出の旅路
[類語]遊山観光行楽探勝遊覧物見遊山漫遊巡遊歴遊遊歴回遊旅行たび遠出行旅こうりょ客旅かくりょ羇旅きりょ道中どうちゅう旅歩きトラベルツアートリップ周遊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android