コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原乙縄 ふじわらの おとただ

2件 の用語解説(藤原乙縄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原乙縄 ふじわらの-おとただ

?-781 奈良時代の公卿(くぎょう)。
南家藤原豊成(とよなり)の3男。母は路虫麻呂(みちの-むしまろ)の娘。橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の変のとき,その一党とみなされて日向員外掾(ひゅうがのいんがいのじょう)に左遷され,藤原仲麻呂の乱後に復帰。従四位上にすすみ,宝亀(ほうき)10年(779)参議兼刑部卿となった。天応元年6月6日死去。名は弟縄ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原乙縄

没年:天応1.6.6(781.7.1)
生年:生年不詳
奈良時代の貴族。右大臣を務めた藤原豊成と路虫麻呂の娘の子。名は弟縄とも書く。天平勝宝9(757)年の橘奈良麻呂の乱に際し,その与党とされて 日向員外掾 に左遷。藤原仲麻呂の乱(764)後政界に復帰し,大蔵大輔,大判事,土佐守,美作守,弾正台の長官,下総守などを歴任した。宝亀10(779)年,従四位上刑部卿で参議に任じられた。

(増渕徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原乙縄の関連キーワード天応光仁天皇光仁天皇光仁天皇僧位認知紫雲丸事故紫雲丸事故緊急保証制度裁判員経験者へのアンケート

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone