コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天応 テンオウ

大辞林 第三版の解説

てんおう【天応】

年号(781.1.1~782.8.19)。宝亀の後、延暦の前。光仁・桓武天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんおう【天応】

日本の元号(年号)。奈良時代の781年から782年まで、光仁(こうにん)天皇、桓武(かんむ)天皇の代の元号。前元号は宝亀(ほうき)。次元号は延暦(えんりゃく)。781年(宝亀12)1月1日改元。美しい雲が現れたことを瑞祥として行われた(祥瑞改元)。770年(宝亀1)に62歳で即位した光仁天皇は、781年(天応1)4月、病を理由に皇子の桓武天皇に譲位した。同年12月23日、73歳で崩御。◇「てんのう」とも読む。

てんのう【天応】

⇒天応(てんおう)

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

天応の関連キーワード吉弥侯伊佐西古石川美奈伎麻呂弓削御浄広方中臣伊勢老人吉田斐太麻呂飛鳥田女王八幡大菩薩五百井女王酒人刀自古大伴伯麻呂栄井蓑麻呂朝原内親王大中臣子老佐伯部三国県犬養勇耳石上宅嗣石田女王菅原古人藤原百能藤原浜成

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天応の関連情報