コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原元子 ふじわらの もとこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原元子 ふじわらの-もとこ

ふじわらの-げんし

藤原元子 ふじわらの-げんし

?-? 平安時代中期,一条天皇の女御(にょうご)。
藤原顕光(あきみつ)の長女。母は盛子内親王。長徳2年(996)入内(じゅだい),承香殿(じょうきょうでんの)女御とよばれる。4年懐妊とまちがえて父邸にさがり,これをはじてふたたび宮中にははいらなかった。従二位。天皇の没後,源頼定密通,のち妻となって女子を生んだ。名は「もとこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原元子

生年:生没年不詳
平安時代中期の一条天皇女御。承香殿。藤原顕光と盛子内親王の子。「もとこ」とも。その懐妊に第1皇子誕生が期待される。父の堀河邸に退出の際,一条天皇の女御で懐妊せぬ藤原義子元子の侍女が「簾だけが孕んでいる」と皮肉をいったという。しかし元子は流産,ただ水を生んだという。一条天皇の死後,源頼定と密通。怒った父に髪を切られ,受戒。しかし,夜逃げして頼定と結婚し,女子を生む。

(京楽真帆子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原元子の関連キーワード承香殿女御

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android