コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源頼定 みなもとの よりさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼定 みなもとの-よりさだ

977-1020 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
貞元(じょうげん)2年生まれ。為平(ためひら)親王の第2王子。母は源高明(たかあきら)の娘。村上源氏。寛弘(かんこう)6年(1009)参議となり,勘解由(かげゆ)長官,左兵衛督(さひょうえのかみ)などを兼任。正三位。宮宰相とよばれ,一条天皇の女御藤原元子との密通などで浮き名を流した。寛仁(かんにん)4年6月11日死去。44歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源頼定の関連キーワード藤原綏子貞元

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android