コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原光隆 ふじわらの みつたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原光隆 ふじわらの-みつたか

1127-1201 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
大治(だいじ)2年生まれ。父は藤原清隆。母は藤原家政の娘。猫間中納言とよばれた。安芸守,但馬守,越中守などを歴任平治の乱では藤原信頼に荷担したとして一時解任された。のち正二位,権(ごんの)中納言。源義仲に大盛りの飯をふるまわれて閉口した逸話で知られる。建仁(けんにん)元年8月1日死去。75歳。号は壬生

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原光隆

没年:建仁1.8.1(1201.8.30)
生年大治2(1127)
平安末・鎌倉初期の公卿。権中納言清隆と近衛天皇乳母家子の子。内蔵頭治部卿,大宰権帥等を歴任。『平家物語』では,「猫間中納言」として名高い。建久9(1198)年出家。子の家隆は『新古今和歌集選者

(木村真美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原光隆の関連キーワード藤原家隆猫間光隆藤原雅隆鎌倉時代坊門院没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android