コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原悦子 ふじわらの えつし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原悦子 ふじわらの-えつし

?-1115 平安時代後期の女官。
藤原季綱(すえつな)の娘。葉室顕隆(あきたか)の妻となり,顕頼,顕能らを生む。康和5年(1103)鳥羽(とば)天皇の誕生で,その乳母となった。典侍,従三位となり,弁乳母,弁三位とよばれる。永久3年12月8日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原悦子

生年:生没年不詳
平安後期の女房。鳥羽天皇の乳母。有名な院近臣である権中納言藤原顕隆の妻で,顕頼の母。越後守藤原李綱の娘。宗仁親王(鳥羽天皇)が顕隆宅で誕生した際,その乳付けをした。嘉保2(1107)年7月鳥羽天皇が即位すると,10月26日に典侍となった。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原悦子の関連キーワード藤原栄子(1)藤原栄子葉室顕頼藤原季綱生年

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android