弁乳母(読み)べんのめのと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弁乳母 べんのめのと

?-? 平安時代中期の歌人。
参議藤原兼経の妻。歌人藤原顕綱(あきつな)の母。一説には兼経の乳母,顕綱の養母。長和2年(1013)三条天皇の皇女禎子(ていし)内親王(陽明門院)の乳母となる。承暦(じょうりゃく)2年内裏歌合などに参加。歌は「後拾遺和歌集」などの勅撰(ちょくせん)集におさめられ,家集に「弁乳母集」がある。本名は藤原明子か。
【格言など】白川の近きわたりにちる花は梢に懸る波かとぞみる(「弁乳母集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android