コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原景高 ふじわらの かげたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原景高 ふじわらの-かげたか

?-1183 平安時代後期の武将。
藤原景家の子。平氏の家人(けにん)。治承(じしょう)4年(1180)以仁(もちひと)王・源頼政挙兵のとき,頼政の首をとった。源義仲追討軍の侍大将となり,寿永2年5月11日倶利伽羅(くりから)峠の戦いで討ち死に。通称は太郎左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原景高

没年:寿永2.5.11(1183.6.2)
生年:生年不詳
平安末期の武将,平氏の家人。飛騨守景家の子。平宗盛乳兄弟とされる。治承4(1180)年,以仁王挙兵の際,従兄弟忠綱と共に300騎を率いて乱を鎮圧,戦功によって従五位下に叙せらる。寿永2(1183)年,侍大将として従軍した礪波山の戦(倶利伽羅峠の戦)において戦死した。

(元木泰雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原景高の関連キーワード没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android