コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原璋子 ふじわらの しょうし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原璋子
ふじわらのしょうし
(1101―1145)

待賢門院(たいけんもんいん)。権大納言(ごんだいなごん)藤原公実(きんざね)の女(むすめ)。母は但馬守(たじまのかみ)藤原隆方の女光子。鳥羽(とば)天皇の皇后。崇徳(すとく)・後白河(ごしらかわ)両天皇の母。白河法皇の猶子(ゆうし)。1117年(永久5)鳥羽天皇の女御(にょうご)。翌年中宮(ちゅうぐう)となる。さらに翌年5月、第一皇子顕仁(あきひと)親王(崇徳天皇)を産む。しかし顕仁は璋子と白河法皇の胤子(いんし)であるといわれ、鳥羽天皇も親王を「叔父子(おじご)」とよんだ。23年(保安4)崇徳天皇が即位し、翌24年(天治1)璋子は女院となり、待賢門院の院号を賜る。鳥羽上皇は美福門院(びふくもんいん)(藤原得子(とくし))に愛を傾け、璋子は嫉妬(しっと)に苦しむ日が多く、崇徳天皇を圧迫しついに女院が上皇を呪詛(じゅそ)するとの噂(うわさ)がたつほどであった。その結果、女院は双(ならび)ヶ岡(おか)の法金剛院の整備に力を注ぎ、30年(大治5)落慶供養(らっけいくよう)となった。久安(きゅうあん)元年8月3日、三条高倉宮に崩じ、法金剛院に送葬された。[山中 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤原璋子の言及

【待賢門院】より

…藤原璋子。鳥羽天皇の皇后,崇徳天皇,後白河天皇の母。…

※「藤原璋子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原璋子の関連キーワード後白河天皇祇園女御法金剛院崇徳天皇上西門院源義朝金剛寺六勝寺源師時山中

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android