藤原美都子(読み)ふじわらのみつこ

朝日日本歴史人物事典「藤原美都子」の解説

藤原美都子

没年:天長5.9.5(828.10.17)
生年延暦10(791)
平安前期の女官藤原冬嗣の妻となり良房,順子らを生む。南家藤原真作の娘。死去時は尚従三位。娘順子が仁明天皇の女御となり,文徳天皇を生んで藤原北家の繁栄を作った。嘉祥3(850)年文徳の即位後,外祖母のに正一位を追贈された。

(梅村恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤原美都子」の解説

藤原美都子 ふじわらの-みつこ

791-828 平安時代前期の女官。
延暦(えんりゃく)10年生まれ。南家藤原真作(まつくり)の娘。藤原冬嗣(ふゆつぐ)の妻となり,長良(ながら),良房,良相(よしみ),順子(文徳天皇母)らを生む。尚侍,従三位。天長5年9月5日死去。38歳。文徳天皇の即位により正一位を追贈された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android