藤原美都子(読み)ふじわらの みつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原美都子 ふじわらの-みつこ

791-828 平安時代前期の女官。
延暦(えんりゃく)10年生まれ。南家藤原真作(まつくり)の娘。藤原冬嗣(ふゆつぐ)の妻となり,長良(ながら),良房,良相(よしみ),順子(文徳天皇母)らを生む。尚,従三位。天長5年9月5日死去。38歳。文徳天皇の即位により正一位を追贈された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原美都子

没年:天長5.9.5(828.10.17)
生年延暦10(791)
平安前期の女官。藤原冬嗣の妻となり良房,順子らを生む。南家藤原真作の娘。死去時は尚侍従三位。娘順子が仁明天皇の女御となり,文徳天皇を生んで藤原北家の繁栄を作った。嘉祥3(850)年文徳の即位後,外祖母のに正一位を追贈された。

(梅村恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android