コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刪定律令 さんていりつりょう

2件 の用語解説(刪定律令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刪定律令
さんていりつりょう

平安時代初期,神護景雲3 (769) 年吉備真備らが制定した 24ヵ条の律令。『養老律令』の不備を改めたもので,延暦 10 (791) 年より弘仁3 (812) 年まで適用されたが,条文は現存しない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刪定律令
さくていりつりょう

8世紀末に撰定(せんてい)された法令。769年(神護景雲3)右大臣吉備真備(きびのまきび)と、養老(ようろう)律令の編集にあずかったことのある大和長岡(やまとのながおか)らが、養老律令中の24条について、字句を改正し、前後の矛盾を手直ししたもの。791年(延暦10)に施行したが、行政上かえって煩雑となり、812年(弘仁3)廃止となった。日本における律令編纂(へんさん)はこれで終わり、かわって、個別的に律令の修正・追加や施行細則である格式(きゃくしき)の編纂が本格化することになる。刪定律令とは別に、791年神王(みわのおう)、橘入居(たちばなのいりい)は「刪定令格四十五条」を奏し、797年から施行されたが、刪定律令と同じころ停廃になったらしい。[八木 充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刪定律令の関連キーワード神護景雲礒部王恵尊大伴部赤男熊野広浜昆解宮成雀部兄子多治比真宗路豊永正月王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone