藤原興範(読み)ふじわらの おきのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤原興範」の解説

藤原興範 ふじわらの-おきのり

844-917 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)11年生まれ。式家藤原縄主(ただぬし)の曾孫(そうそん)。大宰大弐(だざいのだいに),式部大輔(しきぶのたいふ)などをへて,延喜(えんぎ)11年参議となる。のち弾正大弼(だんじょうのだいひつ),近江守(おうみのかみ)。「延喜格(きゃく)」の編集に参加した。延喜17年10月1日死去。74歳。字(あざな)は常生

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android