コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延喜格 えんぎきゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延喜格
えんぎきゃく

三代格の一つ,貞観 11 (869) 年から延喜7 (907) 年まで 39年間の追加,補足の法令 (詔勅官符,官奏類) を部類したもの。編者は左大臣藤原時平以下延べ 14人。全 12巻で,神祇格から雑格までの 10巻と臨時格2巻があった。『弘仁格』『貞観格』のあとをうけて編纂され,延喜7年に完成,同8年に施行した。現在散逸しているが,その編目は『本朝法家文書目録』によって知られる。また『類聚三代格』『本朝月令』『政事要略』などに逸文がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんぎきゃく【延喜格】

弘仁格(こうにんきゃく)・貞観格(じょうがんきゃく)以降の詔勅・官符を集大成したもの。12巻。三代格の一。藤原時平・紀長谷雄(きのはせお)らが編集。延喜7年(907)成立。一部を除き、現存しない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんぎきゃく【延喜格】

貞観格じようがんきやくの後をうけ、869年から907年(延喜7)までの詔勅・官符を編纂したもの。一二巻。藤原時平らが編纂へんさん。907年完成。現存しない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

延喜格
えんぎきゃく

『弘仁格(こうにんきゃく)』『貞観格(じょうがんきゃく)』に次ぐ律令(りつりょう)の規定や、それ以前の格の改変、増補をした古代の法典。藤原時平(ときひら)らが勅命を奉じて編纂(へんさん)。907年(延喜7)11月に撰進(せんしん)、翌908年12月に施行。869年(貞観11)から907年に至る39年間の詔(しょう)、勅(ちょく)、官符(かんぷ)などのうち重要なものを官司別に区分し、なお臨時の制であるが重要なものを臨時格として計12巻としたが、いまは散逸していてその原型を知ることはできない。しかしその格文の多くは『政事要略』や『類聚(るいじゅう)三代格』に引かれており、それによって大部分の内容を知ることができる。[福井俊彦]
『坂本太郎・黒板昌夫編『国史大系書目解題 上』(1971・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

延喜格の関連キーワード律令格式(りつれいかくしき)平安時代(年表)延喜・天暦の治延喜格式貞観格式藤原菅根藤原有穂藤原興範養老律令弘仁格式三善清行醍醐天皇大蔵善行三代格式三統理平惟宗善経藤原忠平惟宗氏平惟範神楽笛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android