コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興法寺廉居和尚浮屠 こうほうじれんきょおしょうふとHǔngbǒp-sa yǒmgǒ hwasang pudo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興法寺廉居和尚浮屠
こうほうじれんきょおしょうふと
Hǔngbǒp-sa yǒmgǒ hwasang pudo

朝鮮,新羅文聖王6 (844) 年頃建立の最古の新羅浮屠 (仏塔仏寺) 。 1914年頃にはソウルのパゴダ公園にあったもので,江原道原城郡の興法寺址から搬出されたとも伝えられ,現在は景福宮内に移建されている。新羅時代の石造浮屠はおもに花崗岩で造られた高僧の墓塔であり,八角円堂形式の木造建築架構をとどめたものが多く,廉居和尚浮屠も各部材が平面八角で,3段の基壇上に八角柱状の塔身を載せ,新羅石造浮屠の典型を示している。また内部から発見された塔誌から,廉居和尚の入寂は唐の会昌4 (844) 年と判明し,浮屠の建造年代もほぼ同じ頃と推定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

興法寺廉居和尚浮屠の関連キーワードヨハネスニタルドルイ2世グレゴリウス4世セルギウス2世真柄建設公設派遣村小型家電リサイクル紫雲丸沈没事故魚玄機

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android