コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原頼房 ふじわらの よりふさ

1件 の用語解説(藤原頼房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原頼房 ふじわらの-よりふさ

1176-1253 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
安元2年生まれ。参議藤原頼定の次男。母は但馬守(たじまのかみ)藤原親弘の娘。越後守(えちごのかみ)在任中の建久6年源頼朝の石清水(いわしみず)八幡宮参拝,東大寺供養の供をした。斎院長官,右近衛(うこんえの)中将を歴任し,建保(けんぽ)6年従三位。寛喜(かんぎ)3年出家。建長5年7月8日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原頼房の関連キーワード地下の公卿北畠雅行久我通基菅原淳高平兼親湛空徳大寺公孝藤原公明源定平(1)冷泉頼隆