コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大休正念 だいきゅうしょうねん Da-xiu Zhengnian

6件 の用語解説(大休正念の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大休正念
だいきゅうしょうねん
Da-xiu Zhengnian

[生]嘉定8(1215).温州
[没]正応2(1289).11. 鎌倉
中国,南宋の臨済宗の僧。仏源禅師。大休 (仏源) 派の祖。径山の石渓心月の門下。文永6 (1269) 年日本に渡り,鎌倉の寿福寺,円覚寺建長寺を歴住し,浄智寺の開山となり,蘭渓道隆無学祖元らとともに鎌倉の禅宗の興隆に尽した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいきゅう‐しょうねん〔ダイキウシヤウネン〕【大休正念】

[1215~1289]鎌倉時代の臨済宗の中国僧。大休派の祖。温州永嘉(浙江省)の人。北条時宗の招きを受けて文永6年(1269)来日し、建長寺・円覚寺などに歴住、浄智寺を開創した。仏源禅師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大休正念 だいきゅう-しょうねん

1215-1290* 南宋(なんそう)(中国)の僧。
嘉定8年生まれ。臨済(りんざい)宗。文永6年北条時宗のまねきで来日。鎌倉の禅興寺,建長寺,寿福寺,円覚寺の住持をつとめ,浄智寺をひらき,20年にわたって鎌倉武士に禅をひろめた。仏源派(大休派)の祖とされる。正応(しょうおう)2年11月30日死去。75歳。諡号(しごう)は仏源禅師。著作に「大休念禅師語録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大休正念

没年:正応2.11.29(1290.1.11)
生年:嘉定8(1215)
鎌倉時代に来日した臨済宗松源派の禅僧。日本禅宗の仏源派の祖。温州(浙江省)永嘉の人。蘇州(江蘇省)万寿寺の東谷妙光に曹洞宗を学び,さらに杭州(浙江省)径山の石渓心月の法を嗣いだ。文永6(1269)年に来日して執権の北条時宗の帰依を受け,鎌倉の金峰山浄智寺(五山第四)の開山となった。また禅興寺,寿福寺,建長寺,円覚寺などに住し,無学祖元らと共に鎌倉禅林の確立に尽力した。同門に無象静照がいる。諡号は仏源禅師。『念大休禅師語録』が存する。

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいきゅうしょうねん【大休正念】

1215~1289) 鎌倉時代の臨済宗の中国僧。大休派の祖。浄智寺開山。1269年来日。北条時宗の要請で建長寺・円覚寺などに歴住した。諡おくりなは仏源禅師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大休正念
だいきゅうしょうねん
(1215―1289)

鎌倉時代の臨済(りんざい)宗の来朝僧。大休派(仏源(ぶつげん)派)の祖。中国温州(浙江(せっこう)省)永嘉(ようか)の人。初め霊隠(りんにん)寺の東谷妙光(とうこくみょうこう)に師事し、のち石渓心月(しっけいしんげつ)に法を嗣(つ)ぐ。先に帰朝していた同門の無象静照(むぞうじょうしょう)の推薦により、北条時宗(ときむね)の招きを受けて、1269年(文永6)来日。蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の厚遇を受け、禅興寺、寿福寺、建長寺、円覚(えんがく)寺に歴住、浄智寺(じょうちじ)を開創した。時宗のほか、貞時(さだとき)や時宗の弟宗政(むねまさ)らと交渉をもち、鎌倉武士に多大な感化を与えた。正応(しょうおう)2年11月75歳で示寂、仏源禅師と諡(おくりな)された。『語録』六巻がある。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大休正念の関連キーワード黄檗宗覚心五山版清拙正澄寂円退耕行勇宅磨長賀東明慧日曇慧松源派

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone