コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二尊院 にそんいん

7件 の用語解説(二尊院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二尊院
にそんいん

京都市右京区にある天台宗の寺。本尊として釈尊と阿弥陀仏を安置しているので二尊院という。嵯峨天皇蓮台寺に二尊教院を建てたのが初めとする説がある。のち建築物は失われたが,法然がここに庵室を造ったので,法然を開山とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にそん‐いん〔‐ヰン〕【二尊院】

京都市右京区にある天台宗の寺。山号は小倉山。承和年間(834~848)嵯峨上皇の勅によって創建。開山は円仁釈迦(しゃか)阿弥陀の二尊を本尊とする。はじめ天台・真言浄土の四宗兼学で、法然が住して以来念仏の根本道場となり、明治に入って現宗に改宗。法然廟、角倉了以伊藤仁斎らの墓がある。二尊教院華台寺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

二尊院

京都府京都市右京区にある寺院。承和年間(834~848)の創建とされる。宗派は天台宗、本尊は釈迦如来阿弥陀如来。正式名は二尊教院華台(けだい)寺。

二尊院

山口県長門市にある寺院。807年創建。宗派は真言宗御室派、本尊は阿弥陀如来、釈迦如来。毛利家の祈祷所。楊貴妃の墓といわれる五輪塔がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にそんいん【二尊院】

京都市右京区嵯峨の小倉山のふもとにある天台宗の寺。山号は小倉山。承和年間(834‐848)慈覚大師が嵯峨天皇の命で創建したと伝え,釈迦と阿弥陀の二尊を本尊にしたのが寺名の由来という。鎌倉時代浄土宗の宗祖法然が当寺に拠って念仏をひろめ堂舎を復興し,そのあと弟子の湛空,叡空らが継ぎ,天台・真言・律・浄土四宗兼学の寺となり,代々の住持で天皇の戒師となるものも多く,寺勢も盛んとなった。南北朝の内乱応仁の乱で焼失したが,それぞれ足利義教三条西実隆らの尽力で再興された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にそんいん【二尊院】

京都市右京区嵯峨にある天台宗の寺。山号、小倉山。正式名は二尊教院華台寺。承和年間(834~848)嵯峨天皇の創建。法然の再興。天台・律・真言・浄土の四宗兼学の道場だったが明治維新後天台宗に改宗。釈迦と阿弥陀の二尊を本尊とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二尊院
にそんいん

京都市右京区嵯峨(さが)二尊院門前長神町にある天台宗の寺。正しくは小倉山(おぐらやま)二尊教院華台寺(けたいじ)。本尊に釈迦(しゃか)、阿弥陀(あみだ)の二尊を祀(まつ)るところから二尊院の名がある。円光大師(法然(ほうねん)源空)二十五か所霊場第17番札所。承和(じょうわ)年間(834~848)嵯峨上皇が円仁(えんにん)に創建させたという。天台・真言・律・浄土の四宗兼学の道場。その後、衰微したが、法然が一時住し、弟子湛空(たんくう)(1176―1253)が再興に努め、のち荼毘(だび)に付された法然の遺骨を迎え、念仏の根本道場となった。応仁(おうにん)の乱(1467~77)の兵火にかかったが、三条西実隆(さんじょうにしさねたか)父子により再建された。維新後、浄土宗から天台宗となった。山腹には法然廟所(びょうしょ)、二条・鷹司(たかつかさ)・三条西家歴代、角倉了以(すみのくらりょうい)父子、伊藤仁斎、去来(きょらい)などの墓がある。本尊の木造釈迦・阿弥陀如来(にょらい)像(鎌倉時代作)、絹本着色逍遙(しょうよう)院実隆像、同称名院公条像、同浄土五祖像、同十王像、同釈迦三尊像、同法然上人(しょうにん)像(足曳(あしびき)の御影)、法然上人七ヶ条制法、『法門妙義』は国重要文化財。また石造旧三帝陵三基などがある。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二尊院の言及

【浄土宗】より

…京都で勢力があったのは証空とその門流であり,最長老の信空なき後,主導権を掌中に収めていった。しかし信空と親しい湛空(たんくう)が二尊院を拠点に嵯峨門徒を擁し,いま一つの勢力をなしていた。二尊院は東山大谷の法然廟堂が知恩院として発展するまでの,法然滅後約1世紀半の間の京都における法然信仰の中心地であった。…

※「二尊院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二尊院の関連キーワード京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町京都府京都市右京区嵯峨小倉山町京都府京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町京都府京都市右京区嵯峨小倉山山本町京都府京都市右京区嵯峨亀山町京都府京都市右京区嵯峨清滝町京都府京都市右京区嵯峨野嵯峨ノ段町京都府京都市右京区嵯峨野西ノ藤町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二尊院の関連情報