藤原顕氏(読み)ふじわらの あきうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕氏 ふじわらの-あきうじ

1207-1274 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
承元(じょうげん)元年生まれ。藤原顕家の子。内蔵頭(くらのかみ)となり,仁治(にんじ)4年(1243)従三位,のち従二位。鎌倉幕府の行事にしばしば参加した。六条家の歌人で,号は紙屋河。「続後撰(しょくごせん)和歌集」以下の勅撰集に11首はいり,鎌倉歌壇でも活躍した。文永11年11月8日死去。68歳。家集に「顕氏集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android