藤原顕氏(読み)ふじわらの あきうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕氏 ふじわらの-あきうじ

1207-1274 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
承元(じょうげん)元年生まれ。藤原顕家の子。内蔵頭(くらのかみ)となり,仁治(にんじ)4年(1243)従三位,のち従二位。鎌倉幕府の行事にしばしば参加した。六条家の歌人で,号は紙屋河。「続後撰(しょくごせん)和歌集」以下の勅撰集に11首はいり,鎌倉歌壇でも活躍した。文永11年11月8日死去。68歳。家集に「顕氏集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android