コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤山種広 ふじやま たねひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤山種広 ふじやま-たねひろ

?-1886 明治時代の技術者。
佐賀藩のガラス工場につとめる。明治6年工部省からウィーン万国博にガラス,活版,鉛筆の製造技術の伝習生として派遣された。7年井口直樹と国産鉛筆の製造技術を完成させる。10年工部省品川工作分局(のちの品川硝子製造所)に,はじめての日本人技師としてつとめた。明治19年死去。肥前神崎郡(佐賀県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤山種広

生年:生没年不詳
近代ガラス工芸の指導者,技師。佐賀藩のガラス工場に勤めて技を学び,明治6(1873)年ウィーン万国博覧会を機にガラス伝習生となってウィーンに留学,西洋のガラス製法を習得して翌年帰国した。同10年には,明治政府が建てた東京の品川工作分局で,ガラスの製造技師として洋式のガラス技術を指導し,近代ガラスの基礎を開いた。初期の品川工作分局では,赤色ガラスを透明ガラスに被せてカットを施した切子ガラス,赤や青の帯文様を透明ガラスで包むツイスト・ガラス風の装飾や瓶,食器などを作っている。

(矢部良明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤山種広の関連キーワードインダストリアル・デザイン明治時代技術者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android