コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活版 カッパン

デジタル大辞泉の解説

かっ‐ぱん〔クワツ‐〕【活版】

活字を組み並べて作った印刷用の版。また、それによる印刷。活字版。植え字版。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっぱん【活版】

活字などを組み並べて作った印刷版。また、それによる印刷。活字組版。活字版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の活版の言及

【活版印刷】より

…凸版式印刷の一種で,活字で組んだ版(活版)を用いるものをいう。それ以前の印刷版が木版のように1枚の板につくられたものであって,文字の抜き差しがむずかしかったのに対して,文字の組替えが自在にできるところから〈生きた版〉という意味で活版と名づけられた。…

【板木】より

…〈版木〉とも書き,彫板(えりいた),形木(かたぎ)ともいう。木版印刷用の版には板木を用いるものと,木活字を用いるものとがあるが,前者を整版,後者を活版(活字版)と称する。板材としては中国では,ナシ,ナツメのほか,アズサ(梓)を使い(出版を上梓(じようし)というのはこれに由来する),日本ではサクラが最も多く,細密画の場合にはツゲを用いた。…

※「活版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

活版の関連キーワードイブラヒム・ミュテフェッリカ長崎県長崎市興善町植え字版・植字版タイポグラファータイポグラフィー活版刷り・活版刷長崎の活版印刷グーテンベルクカクストン版田辺 安太郎イワタ明朝体カクストン佐久間貞一江川次之進小倉吉蔵三大発明ステッキ特殊印刷活版印刷本木昌造

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活版の関連情報