コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤懸永勝 ふじかけ ながかつ

2件 の用語解説(藤懸永勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤懸永勝 ふじかけ-ながかつ

1557-1617 織豊-江戸時代前期の武将。
弘治(こうじ)3年生まれ。父織田永継の死後,外祖父藤懸善右衛門にやしなわれた。織田信長につかえ,天正(てんしょう)元年浅井長政滅亡の際,小谷の方とその娘3人を信長のもとにおくりとどけた。のち豊臣秀吉につかえ,丹波氷上郡(兵庫県)に1万3000石を領したが,関ケ原の戦いで西軍に属し,6000石に減封(げんぽう)となる。元和(げんな)3年6月5日死去。61歳。初名は吉勝。通称は三蔵。姓は藤掛とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤懸永勝

没年:元和3.6.5(1617.7.7)
生年:弘治3(1557)
安土桃山・江戸前期の武将。姓は藤掛とも書く。織田氏一族織田永継の子として生まれるが,2歳で父に死別,外祖父藤懸善右衛門に養育され,藤懸姓を名乗る。通称は三蔵,名は,はじめ吉勝と名乗り,三河守,美作守を称した。11歳で織田信長に仕え,信長の妹お市の方が浅井長政に嫁いだとき随伴。信長死後は豊臣秀吉に仕え,秀吉の養子於次秀勝(信長の4男)の補佐役となった。丹波国のうちで6000石を領し,のち秀勝死後再び秀吉に属した。文禄の役では渡海,関ケ原の戦のときには西軍について丹後田辺城(舞鶴市)攻めに加わったが,城主の細川藤孝(幽斎)と親しかったため,本気で攻めなかったといわれている。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤懸永勝の関連キーワード石川康長今城為親織田有楽佐久間正勝清韓文英牧興相山岡如軒酒井貞月弘尊安土桃山時代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone