コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤木司直 ふじき かずなお

美術人名辞典の解説

藤木司直

江戸中期の書家。加茂の祠官。祖父敦直・父生直を受けて甲斐守書博士を嗣ぐ。霊元天皇より筆道本源の号を賜り近衛家熙より入木道の法を受けた。元文3年(1738)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤木司直 ふじき-もりなお

ふじき-かずなお

藤木司直 ふじき-かずなお

1685*-1738 江戸時代中期の書家。
藤木生直(なりなお)の子。貞享(じょうきょう)元年12月4日京都賀茂(かも)神社の神職の家に生まれる。曾祖父敦直(あつなお)や父の跡をついで甲斐守(かいのかみ),書博士となる。霊元天皇から筆道本源の号をおくられた。元文3年1月29日死去。55歳。名は「もりなお」ともよむ著作に「筆道論」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤木司直 (ふじきかずなお)

生年月日:1684年12月24日
江戸時代中期の書家、賀茂社祠官
1738年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

藤木司直の関連キーワード岡本邦氏生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android