コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤林宗源 ふじばやし そうげん

2件 の用語解説(藤林宗源の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤林宗源 ふじばやし-そうげん

1608-1695 江戸時代前期の武士,茶人。
慶長13年生まれ。石州流宗源派の創始者。大和(奈良県)小泉藩主片桐石州の家老。桑山宗仙に茶をまなぶ。石州没後,石州流茶道の指導につくした。元禄(げんろく)8年3月8日死去。88歳。本姓は河合。名は直良。通称は助之丞。別号に本斎,鴎軒庵,能改庵,宗淳。著作に「和泉草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤林宗源

没年:元禄8.3.8(1695.4.20)
生年:慶長13(1608)
江戸前期の武士。大和小泉藩片桐家の家老。茶道石州流宗源派の祖。名は直良,助之丞。本斎,能改庵,宗淳などと号した。茶の湯を片桐石州と共に桑山宗仙に学び,石州流茶の湯の完成に尽力した。隠居後は京都八坂屋敷に住して,石州の死後は石州流の中心となった。子の宗三から河野宗鴎に伝わった茶系は石州流宗源派と呼ばれた。さらにこの門下から本庄宗敬が出て,古石州流を唱えた。遺構に大阪和泉の枯草庵などが,著作に『石州流口伝書』に基づく秘伝書『和泉草』(1687),『藻塩草(品川物語)』などがある。<参考文献>野村瑞典『定本石州流』

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤林宗源の関連キーワード片桐貞彰片桐貞篤片桐貞起片桐貞照片桐貞中片桐貞音片桐貞信片桐貞房片桐貞芳片桐孝利

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone