コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑山宗仙 くわやま そうせん

美術人名辞典の解説

桑山宗仙

江戸前期の茶人。大和御所藩二万六千石の藩主。宗栄の子、名は貞晴。通称を左近大夫、洞雲と号し剃髪後宗仙という。利休の長男千道安に学び、片桐石州茶湯の師。寛永9年(1632)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑山宗仙 くわやま-そうせん

1560-1632 織豊-江戸時代前期の武士,茶人。
永禄(えいろく)3年生まれ。桑山重晴の3男。豊臣秀長,その没後は秀吉,ついで徳川家康につかえる。茶道を千利休の長男千道安にまなび,利休の茶風をつたえた。弟子に片桐石州がいる。寛永9年7月7日死去。73歳。名は貞晴,重長。号は洞雲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑山宗仙の関連キーワード桑山貞晴(2)桑山可斎多賀左近桑山貞政藤林宗源天方通直桑山重長石州流慈光院永禄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android