コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢氏 ふじさわうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ふじさわうじ【藤沢氏】

中世,長野県上伊那地方を根拠とした武士の一族。諏訪大社上社諏訪氏の一族千野光親の子親貞が,現上伊那郡高遠町藤沢を領したことに始まるとされる。親貞の子清親は鎌倉幕府草創期より御家人として仕え,《吾妻鏡》には弓始等の射手としてたびたびみえる。またほぼ同時期に盛景の名が《吾妻鏡》に現れているが,清親との関係は不明である。鎌倉時代後半についてはようすがわからないが,室町時代1457年(長禄1)には箕輪(現,上伊那郡箕輪町)を本拠とした藤沢氏が見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

藤沢氏の関連キーワード日本生命保険[相互会社]諏訪頼継福与城

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤沢氏の関連情報