コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田こん ふじた こん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田こん ふじた-こん

?-1698 江戸時代前期の女性。
丹波園部(そのべ)(京都府)の農民猪兵衛の妻。藩の苛政(かせい)を巡閲使に直訴し,願いはききとどけられたが,入牢のうえ追放となった。延宝4年4代将軍徳川家綱夫人顕子(あきこ)女王死去の際の特赦帰村をゆるされたという。元禄(げんろく)11年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤田こん

没年:元禄11(1698)
生年:生年不詳
江戸前期の女性義民。丹波国仏主村(京都府)百姓猪兵衛妻。延宝年間(1673~81)園部藩(京都府)の苛政33カ条を巡見使へ直訴した科で追放に処されたとされる。乳呑児を背負い,一子の手を引いて巡見使の宿所に訴願し,苛政の免除の内諾を得,喜び帰宅したときには乳呑児の息が絶えていたという。史実では夫猪兵衛が,寛文6(1666)年に京都所司代に訴願したが不実の訴願とされ牢舎,妻子は追放の刑に処された事件が誤り伝えられたもの。延宝4(1676)年将軍徳川家綱夫人の死により特赦を得て帰村を許された文書が存在し,それが誤伝の元となったと考えられる。

(保坂智)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤田こんの関連キーワードクライエルクライアーシュリューターモリヌークス福山藩ライプニッツ青木昆陽市村羽左衛門伊藤信徳宇野明霞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android