帰村(読み)キソン

デジタル大辞泉の解説

き‐そん【帰村】

[名](スル)郷里の村に帰ること。「都会生活をやめて帰村する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐そん【帰村】

〘名〙
① 江戸時代、欠落(かけおち)、逃散(ちょうさん)などによって都市へ流入し、または出稼ぎ、奉公人として都市に住みついた者を本籍地へ帰すこと。また、その村へ立ち帰ること。
※財政経済史料‐四・戸口一・帰農・寛政五年(1793)四月「万石以上領分之者は、其領主へ引渡帰村可申付候」
② 自分の郷里である村にかえること。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「へこたらずに帰村(キソン)ノウしますハ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰村の関連情報