コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田嘉言 ふじた よしとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田嘉言 ふじた-よしとき

1772-1828 江戸時代後期の和算家。
明和9年6月19日生まれ。藤田貞資(さだすけ)の長男。父の跡をつぎ,筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩につかえた。文政11年7月4日死去。57歳。字(あざな)は子彰。通称は門弥。号は竜川。著作に「社壁算法」「再訂算法」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤田嘉言 (ふじたよしとき)

生年月日:1772年6月19日
江戸時代後期の和算家
1828年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の藤田嘉言の言及

【藤田貞資】より

…江戸中期の数学者。通称彦太夫,後に権平という。字は子証。雄山と号した。貞資は定資,または定賢とも書く。現在の埼玉県大里郡で本田家に生まれ,大和国新庄の永井家の家臣藤田定之の養子となる。山路主住に師事し,暦作観測の手伝いとして幕府に仕える。眼病のため職を辞し,後に久留米の有馬頼徸の家臣となる。有馬の援助により,優れた教科書として名高い《精要算法》(1781)を刊行する。天元術の教科書,佐藤茂春の《算法天元指南》(1698)を復刻して《改正天元指南》(1795)を刊行する。…

※「藤田嘉言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤田嘉言の関連キーワード梅村重得花香安精藤田貞升生年月日早川高寧古原敏行原田君煕山本時憲和算家