コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇葉 そよう

大辞林 第三版の解説

そよう【蘇葉】

シソ、特にチリメンジソの葉を乾燥させた生薬。漢方で、解熱・健胃薬などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

そよう【蘇葉】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。シソ科シソの葉を乾燥させたもの。発汗解熱鎮咳(ちんがい)健胃などの作用がある。神経性胃炎咳(せき)腎(じん)炎に効く半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)夏風邪(かぜ)、食欲不振に効く藿香正気散(かっこうしょうきさん)風邪の初期症状、神経性胃炎に効く香蘇散(こうそさん)などに含まれる。また魚介類による中毒の解毒薬にも用いる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇葉
そよう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蘇葉の関連キーワード九味檳榔湯ソヨウ紫蘇葉参蘇飲健胃薬神秘湯

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android