藿香正気散(読み)かっこうしょうきさん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かっこうしょうきさん【藿香正気散】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)白朮(びゃくじゅつ)半夏(はんげ)茯苓(ぶくりょう)厚朴(こうぼく)大棗(たいそう)陳皮(ちんぴ)桔梗(ききょう)藿香(かっこう)大腹皮(だいふくひ)生姜(しょうきょう)白芷(びゃくし)蘇葉(そよう)甘草(かんぞう)などを含む。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。夏風邪(かぜ)、食欲不振、下痢嘔吐(おうと)などに用い、夏場に以上のような症状がでて倦怠(けんたい)感がともなうとき、とくに有効とされる。胃腸の弱い人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かっこう‐しょうきさん クヮクカウシャウキサン【藿香正気散】

〘名〙 (「藿香」はかおりぐさ) 粉薬の名。疲労回復に、あるいは頭痛止めに用いたものと思われる。
※言継卿記‐天文一七年(1548)正月二七日「小女阿茶々所労之由申候間、藿香正気散一包与之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android