コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藿香正気散 かっこうしょうきさん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かっこうしょうきさん【藿香正気散】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)白朮(びゃくじゅつ)半夏(はんげ)茯苓(ぶくりょう)厚朴(こうぼく)大棗(たいそう)陳皮(ちんぴ)桔梗(ききょう)藿香(かっこう)大腹皮(だいふくひ)生姜(しょうきょう)白芷(びゃくし)蘇葉(そよう)甘草(かんぞう)などを含む。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。夏風邪(かぜ)、食欲不振、下痢嘔吐(おうと)などに用い、夏場に以上のような症状がでて倦怠(けんたい)感がともなうとき、とくに有効とされる。胃腸の弱い人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android