コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭室 らんしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘭室 らんしつ

?-? 江戸時代中期-後期の琴曲家。
小野田東川の弟子設楽純如にまなんだ。児玉空々(1734-1811)とならび称されたという。江戸浅草真竜寺住職。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

蘭室の関連キーワード大分県大分市鶴崎11月26日小野田東川荒川天散百々漢陰角田九華関鉄之介仲方円伊松平治郷赤松滄洲毛利空桑神保綱忠三田義勝船曳西河藤村正員脇屋蘭室脇儀一郎帆足万里山岸介庵大竹麻谷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android