コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭渓亭泉 らんけいてい いずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘭渓亭泉 らんけいてい-いずみ

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
信濃(しなの)稲荷山(長野県更埴市)にすみ,蘭薫亭薫の社中に属した。また宿屋飯盛(石川雅望)の門にはいり,文政(1818-30)ごろ判者をつとめた。姓は田中。通称は米屋太右衛門。別号半斎編著に「狂歌」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蘭渓亭泉の関連キーワード狂歌師

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android