コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭竹 ランチク

デジタル大辞泉の解説

らん‐ちく【×蘭竹】

東洋画画題の一。を配したもの。蘭は世に埋もれた高節の士に、竹は冬の風雪にも緑を失わないところから君子にたとえられ、文人画家が好んで描いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんちく【蘭竹】

東洋画の画題。蘭と竹を配したもの。蘭は高節の士、竹は君子にたとえられ、文人画に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蘭竹の関連キーワード芥子園画伝柚木 玉邨石濤・石涛田能村如仙高島雲溟渡辺春菴鉄舟徳済倉野煌園村尾篁山倉石乾山森川竹窓広瀬青邨黄檗鶴亭椿椿山畳彩山張秋穀性とう金正喜項元汴池玉瀾