風雪(読み)フウセツ

  • 書名

デジタル大辞泉の解説

風と雪。
強い風を伴って降る雪。吹雪。 冬》「―にたわむアンテナの声を聴く/誓子
きびしい苦難や試練。「人生の風雪に耐える」
[補説]書名別項。→風雪
阿部知二長編小説。昭和14年(1939)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 風と雪。
※性霊集‐二(835頃)沙門勝道上補陀洛山碑「瞻佇未飽、風雪趁人」 〔宋書‐孔顗伝〕
② 風とともに降る雪。風まじりの雪。ふぶき。《季・冬》
※山陽詩鈔(1833)一・舟発大垣赴桑名「独在天涯年欲暮、一篷風雪下濃州」 〔全唐詩話‐巻五〕
③ きびしい苦労や困難。
※蝗(1964)〈田村泰次郎〉「長く戦場に風雪を経た兵隊だけのもつ、生きる知恵である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の風雪の言及

【吹雪】より

…降ってくる雪や地上から舞い上げられた雪が,激しい風で空中を乱れ飛ぶ状態をいう。前者を風雪,後者を地吹雪と呼び区別する。地吹雪は,寒冷地では空が晴れていても強風(5m/s以上)が吹くと発生する。…

※「風雪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風雪の関連情報