コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカ

4件 の用語解説(竹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たか【竹】

[語素]他の語の上に付いて複合語をつくる。たけ。「むら」「はら」

たけ【竹】

イネ科タケ亜科の多年生植物の総称。長く横にはう地下茎から地上茎がまっすぐに伸びる。茎には節があり、節と節の間は中空。地下茎から出た若芽を竹の子といい、食用にする。花はふつう数年から数十年の周期で開き、地上茎はその後枯れる。小形のものを一般に笹(ささ)ともいう。マダケモウソウチクハチクアズマザサクマザサなど種類は多い。竹細工・団扇(うちわ)・簾(すだれ)・茶せんなどのほか、建築材料・観賞用など用途は広い。 花=夏 実=秋》
1で作った管楽器。尺八など。
[下接語]糸竹幹(から)竹川竹呉(くれ)竹笹(ささ)竹煤(すす)竹篠(すず)竹弱(なよ)竹苦(にが)竹群(むら)竹若竹(だけ)青竹綾(あや)織り竹綾竹斎(い)み竹衣紋(えもん)竹雄竹飾り竹今年竹竿(さお)竹逆さ竹錆(さび)竹三年竹四角竹自在竹篠(しの)竹削(そ)ぎ竹垂木(たるき)竹力竹筒竹樋(とい)竹生(なま)竹業平(なりひら)竹根曲がり竹野竹火吹き竹真竹雌竹虎落(もがり)竹矢竹四つ竹輪竹割り竹・割れ竹

ちく【竹】[漢字項目]

[音]チク(呉)(漢) [訓]たけ
学習漢字]1年
〈チク〉
植物の名。タケ。「竹馬竹林寒竹成竹筮竹(ぜいちく)破竹爆竹緑竹
タケ製の笛。管楽器。「糸竹
文字を書き記すための竹片。「竹簡竹帛(ちくはく)
〈たけ(だけ)〉「竹馬竹竿(たけざお)青竹糸竹雄竹笹竹(ささたけ)
[名のり]たか
[難読]竹箆(しっぺい)竹刀(しない)竹光(たけみつ)淡竹(はちく)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たけ【竹】

イネ科タケ亜科の常緑木質植物のうち大形のものの総称。一般に小形のものはササと呼んでいる。熱帯やアジアの温帯に多い。地下茎を広げて繁殖し疎林を作るものと、稈かんが密生して株立ちになるものとがある。稈の節の部分から枝を出し、披針形の葉をつける。花は小穂につき、開花すると全体は枯死するが、開花の周期は非常に長い。また出始めのものは筍たけのこと呼んで食用にする。稈は竿にしたり、建築・器具・楽器・工芸品の用材などとして広く利用される。モウソウチク・ハチク・マダケなど。
しようや笛・尺八など、竹を材料とした管楽器。 「 -を鳴らして聞かせ給へ/御伽草子・御曹子島渡」
〔女房詞〕 筍たけのこ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹の関連情報