(読み)タカ

デジタル大辞泉の解説

たか【竹】

[語素]他の語の上に付いて複合語をつくる。たけ。「むら」「はら」

たけ【竹】

イネ科タケ亜科の多年生植物の総称。長く横にはう地下茎から地上茎がまっすぐに伸びる。茎には節があり、節と節の間は中空。地下茎から出た若芽を竹の子といい、食用にする。花はふつう数年から数十年の周期で開き、地上茎はその後枯れる。小形のものを一般に笹(ささ)ともいう。マダケモウソウチクハチクアズマザサクマザサなど種類は多い。竹細工・団扇(うちわ)・簾(すだれ)・茶せんなどのほか、建築材料・観賞用など用途は広い。 花=夏 実=秋》
1で作った管楽器。尺八など。
[下接語]糸竹幹(から)竹川竹呉(くれ)竹笹(ささ)竹煤(すす)竹篠(すず)竹弱(なよ)竹苦(にが)竹群(むら)竹若竹(だけ)青竹綾(あや)織り竹綾竹斎(い)み竹衣紋(えもん)竹雄竹飾り竹今年竹竿(さお)竹逆さ竹錆(さび)竹三年竹四角竹自在竹篠(しの)竹削(そ)ぎ竹垂木(たるき)竹力竹筒竹樋(とい)竹生(なま)竹業平(なりひら)竹根曲がり竹野竹火吹き竹真竹雌竹虎落(もがり)竹矢竹四つ竹輪竹割り竹・割れ竹

ちく【竹】[漢字項目]

[音]チク(呉)(漢) [訓]たけ
学習漢字]1年
〈チク〉
植物の名。タケ。「竹馬竹林寒竹成竹筮竹(ぜいちく)破竹爆竹緑竹
タケ製の笛。管楽器。「糸竹
文字を書き記すための竹片。「竹簡竹帛(ちくはく)
〈たけ(だけ)〉「竹馬竹竿(たけざお)青竹糸竹雄竹笹竹(ささたけ)
[名のり]たか
[難読]竹箆(しっぺい)竹刀(しない)竹光(たけみつ)淡竹(はちく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たけ【竹】

イネ科タケ亜科の常緑木質植物のうち大形のものの総称。一般に小形のものはササと呼んでいる。熱帯やアジアの温帯に多い。地下茎を広げて繁殖し疎林を作るものと、稈かんが密生して株立ちになるものとがある。稈の節の部分から枝を出し、披針形の葉をつける。花は小穂につき、開花すると全体は枯死するが、開花の周期は非常に長い。また出始めのものは筍たけのこと呼んで食用にする。稈は竿にしたり、建築・器具・楽器・工芸品の用材などとして広く利用される。モウソウチク・ハチク・マダケなど。
しようや笛・尺八など、竹を材料とした管楽器。 「 -を鳴らして聞かせ給へ/御伽草子・御曹子島渡」
〔女房詞〕 筍たけのこ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

竹 (タケ)

植物。イネ科タケササ類で大形の竹の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たか【竹】

〘語素〙 たけ(竹)。他の語の上に付いて熟語をつくる。「たかむら」「たかはら」など。

たけ【竹】

[1] 〘名〙
① イネ科植物のうち、大形の(かん)を持つものの総称。高さ一メートルから数十メートルに達するものもあるが、数か月で第一次生長を完了すると、それ以後は大きくならない。茎は木質化し、中空で節が多い。地下茎は横にはい、各節に地下茎か、または、稈を生じる単軸型のものと、地下茎の上方から稈と地下茎を同時につける連軸型の二型がある。前者は日本産のものに多いまばらな林となり、後者は熱帯に見られる密な株立ちとなる。地上茎は節からよく分枝する。葉は短柄を持ち先のとがった広線形または狭長楕円形、葉鞘(ようしょう)との間に明瞭な節がある。葉鞘は細長い筒状で小枝を巻く。花は黄緑色で稲穂状。通常一稔性で、開花までに数十年を要し、花後、一連の地下茎に連なる稈はすべて枯死する。材は弾力性に富み割裂しやすい特性があり、建築・工芸・楽器など種々の用途に広く使われる。また、モウソウチクを始めとして、ほとんどの幼い芽は筍(たけのこ)として食用にされる。主として熱帯・亜熱帯に生え、河川の護岸林や観賞用として栽植されることも多い。
※古事記(712)中・歌謡「多気(タケ)の根の根垂る宮」
※竹取(9C末‐10C初)「野山にまじりて竹をとりつつ、万の事につかひけり」
② 筍をいう女房詞。
※御湯殿上日記‐文明一〇年(1478)三月二一日「むろまち殿よりたけはしめてまいる」
③ 笙・笛・尺八など、①を使った管楽器。弦楽器を糸というのに対する。竹管。
※散木奇歌集(1128頃)悲歎「くり返しいとと竹とも心あらばうかりし節をとはまし物を」
※御伽草子・御曹子島渡(室町末)「たけをならしてきかせん」
④ 紋所の名。竹に雀、三つ竹輪違いなど。
⑤ 近世、下女の名前として小説などにしばしば使われた語。転じて、下女をいう俗語。
※浮世草子・好色床談義(1689)二「下女はしたといふものは、〈略〉家ごとにかわれども、大かた名は、ふじ、すぎ、たけ、これらなるべし」
[2] 荻江節。四世荻江露友作曲。作曲年代は不明。「松」および「梅」とともに三部作の祝賀曲。
[語誌](1)ふつう、竹の皮が筍の成長に従って下部から順に落ちるものをタケといい、稈(かん)の成長後も落ちないものをササというが、学術的な規定ではない。なお、今日広く見られるモウソウチクは一八世紀になって中国から移植されたもので、それ以前の日本の竹はマダケ、ハチクなどの類が多かったという。
(2)古代には祭祀用の呪的なものとしても用いられ、神話の世界で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が黄泉(よみ)の国から逃れる時に櫛を投げると筍が生えて黄泉醜女(よもつしこめ)の追及を逃れたとか、天岩戸に隠れた天照大御神を誘い出すために天鈿女命(あまのうずめのみこと)が踊った折、香具山の小竹(ささ)の葉を手にしていたとかいわれる。「万葉集」の歌でも祭祀の折に竹玉を手に巻くという表現もあり、後世、正月の門松や七夕の飾りにも使われている。また、呪的なものから装飾や鑑賞の対象ともなってくる。中国でも松竹梅や梅菊蘭竹がもてはやされ、日本にも移入されるようになった。
(3)古くから「さすたけの」「なゆたけの」などの形で枕詞にも用いられた。中古の歌では「節(よ・ふし)」と掛詞にして共に用いられることが多く、俳諧の世界では「竹の春」「竹の秋」「竹植う」のように、季語として用いられることが多い。散文でも竹取翁の伝誦を生む一方、竹や竹の林に目を向けた記述も多い。

ちく【竹】

〘名〙
① たけ。
② 竹管。また、竹管で作った管楽器。
※日葡辞書(1603‐04)「Chicu(チク)〈訳〉竹筒」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹の関連情報