虎を千里の野に放つ(読み)とらをせんりののにはなつ

  • とら
  • を 千里(せんり)の野(の)に放(はな)つ

精選版 日本国語大辞典の解説

(猛虎を野に放って自由にする意から) 猛威を振るうものなどを、その力を存分に発揮できる状態におくこと、また、後にわざわいを残すような危険なものを野放しにしておくことのたとえにいう。虎を野に放つ。虎を赦(ゆる)して竹林に放す。
※義経記(室町中か)二「此人々を助け奉りて、日本に置かれん事こそ獅子とらを千里の野辺に放つにてあれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

猛虎を広い野に放って自由にする。猛威を振るうものなどを、その力を存分に発揮できる状態におくこと、また、後にわざわいを残すような危険なものを野放しにしておくことのたとえ。

[類句] 虎を野に放つ如し/虎をゆるして竹林に放す

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android