コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎山永隆 こざん えいりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎山永隆 こざん-えいりゅう

1403-1442 室町時代の僧。
応永10年生まれ。足利義満の子。京都の臨済宗(りんざいしゅう)相国(しょうこく)寺にはいり,亡き空谷明応(くうこく-みょうおう)の法をつぎ,嘉吉(かきつ)元年鹿苑(ろくおん)院主となる。のち相国寺常徳院内に聯輝(れんき)軒をひらいた。嘉吉2年2月18日死去。40歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

虎山永隆の関連キーワード足利義勝細川持之足利義勝請求権・経済協力協定板取川崇禅寺畠山政長本泉寺ウィンタートゥール岩船寺

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone