虎山永隆(読み)こざん えいりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎山永隆 こざん-えいりゅう

1403-1442 室町時代の僧。
応永10年生まれ。足利義満の子。京都の臨済宗(りんざいしゅう)相国(しょうこく)寺にはいり,亡き空谷明応(くうこく-みょうおう)の法をつぎ,嘉吉(かきつ)元年鹿苑(ろくおん)院主となる。のち相国寺常徳院内に聯輝(れんき)軒をひらいた。嘉吉2年2月18日死去。40歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android