コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇の目蝶 ジャノメチョウ

デジタル大辞泉の解説

じゃのめ‐ちょう〔‐テフ〕【蛇の目×蝶】

ジャノメチョウ科の昆虫。黒褐色のチョウで、前翅(まえばね)に2個、後ろ翅に1個の眼状紋がある。草原にすみ、幼虫の食草はススキスズメノカタビラなど。
鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科の昆虫の総称。多くは褐色で、翅に円形の紋がある。樹間を好んで飛ぶ。ベニヒカゲコノマチョウなど。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃのめちょう【蛇の目蝶】

ジャノメチョウ科のチョウ。開張約6センチメートル。はねは黒褐色で、前ばねに二個、後ろばねに一個の眼状紋がある。草原や雑木林にみられ、幼虫はタケ・ススキなどを食べる。九州以北の日本とユーラシアの温帯に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛇の目蝶の関連キーワードユーラシア雑木林眼状紋黒褐色温帯開張ばね

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android