コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越し ゴシ

デジタル大辞泉の解説

ごし【越し】

[語素]
物を表す名詞の下に付いて、そのものを隔てて物事をする意を表す。「垣根越し」「肩越し」「眼鏡越し
年月・時間の長さを表す語の下に付いて、その間ある状態が続いてきたことを表す。「三年越しの病気」「宵越しの金は持たぬ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごし【越し】

( 接尾 )
名詞に付いて、それを越して物事をすることを表す。 「窓-に話しかける」 「垣根-」
年月の長さを表す語に付いて、その年月を経過する間、続いていることを表す。 「五年-の懸案」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

越しの関連キーワード夏越しの祓・名越しの祓レッドラインオフサイドオーバーヘッドキックloop shoot売り越し/買い越しメディシンボールオーバーシュート打ち越し・打越しフットフォールト夏越しの神楽夏越しの御禊過ぎ越しの祭ペンテコステ過ぎ越しの祝三句の渡り越年生植物心底尽く眼鏡越し年取り物垣根越し

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越しの関連情報